軽自動車

自分でできること

販売店から見積書をもらったらその中に自分でできることがないか見てみましょう。クルマの販売というと専門知識がないと難しいというイメージがありますが、ちょっと頑張って自分がやれば浮かせることができる代行手数料が含まれていることがあるのです。例えば、車庫証明手続きの代行手数料や、納車費用などがその例です。
車庫証明の手続きが必要な地域に住んでいる場合にその手続きを代行してくれるというものですが、1万円ほどかかります。しかし、近くの警察署に自分で出向いていって手続きをすれば、意外と簡単にできてしまうものです。また、納車費用も自分で販売店まで取りに出かければ浮かせることができてしまいます。こちらも、距離によりますがだいたい1万円くらいが見積もりに書かれていることが多いようです。
自賠責保険の保険料、税金などは法定費用ですので支払わないわけにはいきませんが、こういった簡単な部分が販売店からの見積もりに含まれている場合は、そこを自分でやることにすればその部分は安くしてもらえるというわけです。
しかし、ここでちょっと注意点。販売店の側に立って見ると、この代行手数料などは大切な収益の一部です。手数料が取れないということが先に分かると、クルマそのものの値段からの割引やオプションをつけるといった他の割引と調整されてしまう可能性があります。ですから、この手数料の部分の交渉は最後の方まで切り出さずにおく方がよいかもしれません。