軽自動車

姉妹車を見る

軽自動車を購入する時に知っておきたいのが、姉妹車と言われるクルマです。姉妹車とは聞きなれない言葉ですが、姉妹というくらいですから、同じクルマのグレード違いのことかなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
実は、姉妹車とはグレード違いのことではなく、OEM供給されているクルマのことです。はて、OEM供給とはまた聞きなれない言葉ですね。OEMはOriginal Equipment Manufacturingの略で、相手先ブランド名製造などと訳されます。
例えば、スズキの代表的な軽自動車にワゴンRというクルマがありますが、スズキはこれをマツダのAZワゴンとしても製造してマツダに供給し、マツダはこれを自社のブランドのクルマとして販売しています。ライバル同士でそんなことがあるの?と驚かれるかもしれませんが、軽自動車の業界の中ではOEM契約によってそのようなことがしばしば行われています。軽自動車は単価が低く1台あたりの利幅が少ないため、軽自動車に強いスズキやミツビシとOEM契約を交わして自社ブランドの軽自動車を持つという戦略がとられているということです。他にも姉妹車の例として、スズキのアルトはマツダのキャロル、ニッサンのピノです。ミツビシのekワゴンは、ニッサンのオッティです。
外見や内装は若干異なりますがベースは同じなので特にブランドにこだわりがなければ、姉妹車を比べてどちらが安く購入できるかを調べてみるとよいでしょう。また販売店に姉妹車を考えていることを伝えるのも値引きを引き出すテクニックの一つかもしれません。